人生は旅のようなもの、あなたも、いい旅してますか?

信州たそがれおじさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟釣り紀行 2

<<   作成日時 : 2015/05/28 15:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年6月10日 糸魚川 海は生き物、魚も生き物

前回のリベンジに行って来ました。波もそこそこで20時少し前には釣れ始め、最大24cm20cm前後を選別して
コマイ物は竜宮へ返してやりました。以前にも書いたか忘れましたが、過去とか前年の事は参考にはするが、去年こうだったから今年もそうとならないのが釣りの世界で、青物の回遊もほぼ落ち着いた感があって、ヒラメやシーバスのルアーは持っていたが、メタルジグは持参していなかった。11日の朝マズメ浜にはアングラーが数人、結構ロットが曲がってるいるではないかサゴシの回遊に遭遇したようでサイズも良い物も、バイブをキャストしたが反応せず。キャッチ&リリースで楽しんでいる人、しっかり持ち帰る人、(早起きは三文の徳ですか)
しかし、昨日釣れたから今日も、の保証が無いのが海は生き物、魚は生き物

画像


新潟の釣具屋さんの情報によると、カタクチイワシの接岸が有り、これを追ってサゴシ、シーバスが釣れたようです。

2015年6月15日 糸魚川 

何故か今年はアジのサイズが・・・・・20cmオーバーサイズは希、殆どリリースの10cmクラス20時から24時まで頑張って持ち帰ったのはアジ28匹とサバ1匹。最近某国営テレビでアジの料理番組が放送され、アジのジャコ天
なる料理が紹介された。さばいたアジをフードプロセッサーでミンチにして、(片栗粉、卵、重曹、塩など加える)
油で揚げて完成。魚が好きではない子供には食べ易い調理法かと思う、好みで調味料を加えて食べると誰でも食べれそう(私的にはビールのツマミやオカズとして美味しいと思う)。

中、アジ
画像


アジのジャコ天
画像


2015年6月24日 市振 

どうしてもキスを釣りたくて、市振まで行って来ました。天気は風が思ったより強く、当たりが取りにくい状態、オマケに海藻の塊は流れて来る始末。波高く状況は厳しかったが、三点掛けも有り9匹の釣果。他の人は殆ど天ぷらで食べると思うが、私は釣り人の特権で少量は刺身で食べます。サイズはMAX19cmでした。

三点掛け
画像


MAX19cm
画像


2015年6月30日 糸魚川サーフ

曇り空で暑さはなかった。今日もキスとアジの2目釣り、キスはいるけど、釣り場が厳しくシンカー、仕掛けのロスト続き4匹までで(矢、玉)尽きた。夜はアジの回遊が遅く、22時頃から釣れ始め41匹 チビさば2匹 夜釣りは虫対策をしっかりしましょう。

MAX24cm
画像


今年はサバが多い様です
画像


2015年7月10日  市振  ルアー(チヌ、キジハタ)あえなく撃沈

昼頃からキス釣り、夜は何でも釣れれば良いか?の釣行でソフト、ハードのルアーを持参して頑張ったが、昼は陽光sunsun夜はダークナイトな結果。情報によれば、キスも遠投しないと釣れない状況になってきているようですが、今回のポイントは10m位の近さ、今日は海水が澄んで偏光レンズで魚が見えそうな程。結果18cmMAXで21匹、気分良くして夜釣りに突入も、ルアーフィシングの未熟さを痛感する結果となりました。

キス21匹
画像


2015年8月12日  糸魚川サーフ アカイカ釣り、予期せぬゲスト

今年の暑さは本当に厳しい。釣りに行く気力も失せる、私は古い人間なのでお盆の間は殺生はしないと決めている、今日は曇り空で予報気温もあまり上がらないとの事なのでアカイカ釣りに行ってみた。一つは餌巻スッテの浮き釣りで付け餌はキスと鳥のササミを使った。スッテに餌を付けて針金で巻いて後は棚を摂ってチャポンして待つだけ、二つ目は定番のエギングで挑戦、下げ潮頃から始めた。偶に浮きは沈むが小魚やグーフーが引っ張っている感じ、アカイカ釣りは人生二回目位で実績は無い、付け餌も用意した量が少なかったので不完全な内に終了となった。一方エギングはいっこうに反応無し、上げ潮の時間帯になり少しは期待しながらガンバルが
なかなか結果が出ない、そろそろ気力が無くなりだした頃、底とりから二回程ジャークしてホールの時に何かモアットした感じ、即合わせでリールを巻くと確かな手応えとロッドの曲がり、これはイカの重さではない又ボラのお出ましかと思いながら、やりとり(なにせイカ使用なのでラインもリーダーも細い)ドラグでいなして引き寄せるとジャンプ エラ洗いです正体はシーバスでした。折角のゲストなので慎重に取込ました。サイズは60cm 2キロ超のシーバス、エギを丸呑みでした。お盆の来客用の魚も思いもよらずゲット出来たのでイカの事は忘れて終了。

画像


2015年9月12日 能生 カマスは不在

ままならない都合と天気で釣りに行けない!!外海はウネリが有る状態なのでカマス釣りに朝マズメに行って来た。流石に週末で6時には駐車スペース満車状態、釣り人は小アジ釣りやエギンガーが殆ど9割方がイカ狙いしかし釣れた光景は見れなかった。各言う私もカマスサビキで様子を見るが全く反応無し、9時半で撤収して別の港も様子を見たが、ここもカマスさんは不在でした。

2015年9月14日 カマスを探して三千里 タイトル変更?

カマスを釣りたくて富山県へ、ついに越境してしまいました。第一ポイントは親不知、風も有り無反応で次は市振ここも不在、第三のポイントは宮崎漁港またしても不在、遂に黒部漁港まで来てしまいました。ここを最後と時間をかけて回遊を待ちましたが、結局一匹の釣果も無し。海釣りの厳しさを改めて実感。

2015年9月21日 能生

シルバーウイークで混雑するのに、つい出かけてしまった。外海は風も有って、ファミリーの方々に混ぜてもらい、湾内でカマスとイカ狙い、釣り人が言うのにはカマスが来るとアオリイカは釣れないとの事?。夕マズメでカマス2匹、群れが小さいのかこれで終。夜、エグングで探るも気配なし、釣れた人も見なかった。22日の朝マズメに
単発でカマス3匹MAX25cm。エギンガーは入れ替わり、立ち替わり登場するが釣れた人を見ることはなかった。

画像


2015年10月6日  糸魚川

天気予報は風が遅くまで強い予報、波は1m位、しかし現地は風は心配した程ではないが波が予想より高く、イカ釣りは出来ず、シーバス狙いでミノーを投げるも反応なし。夜は諦め7日の朝マズメに回遊魚を探ってみたが、これまた反応なし、上越方面ではサゴシの釣果が聞こえてきた。

2015年10月15日 港は人だらけ、サーフは底荒れ

アオリイカ釣りも行きたいのですが、都合と海況がマッチせず、さりとて港内は人だらけで投げる気にならず。
サーフの状況も厳しくエギングは波が落ち着くのを待つか、越県して安定した富山まで行くか。上越の人も富山までエギングに出かけている様です。そんな訳でイカを諦め青物の回遊チェック数投したところでアタリが有り、隣の釣り人がサゴシを釣りあげた。数投後に自分もヒット、この秋初青物、しばらくしてナブラも発生、結果は6ヒット2バラシ、1ラインブレイクで3匹の釣果。今までサゴシもトラブルなく取り込んでいたが、今回はバラクーダの歯に負けてしまった。

画像


2015年10月17日 ファミリー遊漁船の釣果

私は陸っぱりで、船に乗って釣る事は無いが、今回はfamilyで船釣りを専門に楽しんでいる者がいるので、初めて触れます。基本は自分の釣りの話ですが、釣り船で釣りをされている方で記事を読んで下さっているかもしれないので?早朝、出船の釣果の一部です、帰りがけにお裾分けで置いていった物です。

ワラサ2.6Kg ヒラマサ2.0Kg キジハタ

画像


2015年10月23日 糸魚川サーフ 波ウネリ

朝マズメ5時から8時 サゴシ4匹、大中アジ9匹 サバ1匹 サゴシに混ざって小ぶりのイナダだが、たまに釣れる。釣り人によって、魚のランクが有るようで、サゴシは釣れても長靴で蹴ってリリースしている。イナダは持ち帰るようです。釣れたアジは30cm級です。今日は刺身で頂きます。

画像


2015年10月24日 遊魚船

早朝便ファミリーの釣果一部です。ワラサ。

画像


2015年10月27日  糸魚川サーフ 

昼頃から、夕マズメまでの釣行。ロッドの穂先が固いタイプを使ったせいか、イナダバラシ、サゴシバラシで結果はサゴシ2匹、イナダ1匹、中アジ2匹。先日レジャーでマリンドリーム能生へ行ってきたがイナダ400円で売られていた。

画像


2015年11月4日 糸魚川サーフ 波収まり、エギング

波も落ち着いた様なので、イカ狙いで頑張って夜釣り。午前2時過ぎサーフに到着。予報どうりの波、しばらく反応も無く、期待もせずキャストを続けると久しぶりの手ごたえ、胴長20cm超えをキャッチ、その後チビアオリを一杯追加して朝マズメ。回遊魚狙いにシフト。前半の地合いはアジで27cmクラス但し時間が短い。今朝はイナダもサゴシも回遊が少なくイナダ1匹やっと。遠くでナブラは有ったが・・・

画像


画像


釣った魚は美味しくいただきます。イナダもアジも油がのって最高、イカは勿論、噛むほどに甘く美味

画像


豚イカ? エンペラーとゲソは湯通して生姜で

画像


2015年11月13日 この秋、イナダの回遊少ない?

朝マズメ、7時半まで。波は少し高くルアーだけ、短時間の地合いに27cmアジ5匹 イナダもサゴシも不発。見渡した処、二人の人が一本ずつのイナダ、回遊が無いのか

画像


2015年11月17日 ナブラは魚が捕食に狂い、釣り人は釣ることに狂う

夜から朝マズメにかけて、回遊魚狙いで行って来ました。波は1.5m位で少し荒れ気味、夕マズメにアジ24cm3匹釣りあげ、夜はシーバス狙いでミノーをキャスト、今回も狙いとは違いゲストの登場、指4本84cmの太刀魚とソフトルアーで少し小ぶりの太刀魚1匹、シーバスとの出会いは無かった。
朝マズメ、目の前で小さなナブラが発生しすかさずキャスト、狙い通りヒットして取り込みに掛かるも、隣の人が私の上にキャストしたようで、手前まで引き寄せたところで、横へラインが引っ張られテンションが緩みバレテしまった。以前にも記したが釣ればいいのか!ナブラへキャストする時程隣の釣り人に配慮したいものです。新潟の海は信州からの釣り人も多いがゴミの放置とかマナーの気になる事が度々あって残念に思う。

陸っぱりで太刀魚

画像


画像


2015年11月23日 糸魚川サーフ

夜、投げサビキをやりに行って来ました。予報では波1.5m後1.0mで昼間は見物のつもりが波打ち際にカタクチイワシが有ったのでルアーをやってみる事に右からの風が強く糸ふけが酷く釣りずらかったが、ラインを切られ、波に揉まれで2バラシ結果4匹のサゴシゲット。PM5時から投げサビキ、前半はチビ鯛、チビメジナがゲスト参加、PM9時コマセも終了で納竿。夜は風も止んで波は荒かったがどうにか釣り成立。

画像


画像


2015年12月2日 糸魚川サーフ  モンスター現る!!

12月に入り、日本海も冬の気圧配置になり時化の日が多くなりました。久し振りの晴天で昼頃から夕まで青物狙いで行って来ました。少しの西風は有ったがまず、まずのコンディション、しかし当たり無し、他の釣り人も釣れてない。それでも、私のルアー釣りは投げてナンボの世界、ひたすらキャストを繰り返し出会いを待つ。そうは言っても休み無く投げ続ける訳でもないのです。午後3時前キャスト後、糸ふけを取り最初のジャークを掛けるとフヮッとした抵抗とりあえず合わせを掛けてみると確かにロッドに伝わる抵抗感更にロッドを煽って針掛を掛ける、次の瞬間リールは物凄い勢いでドラグを鳴らし、ラインは放出し沖へ向かって一直線、ラインの巻き量も厳しい処まで行ってしまい、少しドラグを締めて力、勝負に出たが、あっさり勝負はついてしまった。スナップとリーダーの所でブレイク。最初の当たりでイナダの横からヒッタクル様な感じではないし、フォール中に食い上げたか、鯛か私が今まで釣りをしてきて、最大の相手でした。(大袈裟に言へばリールから煙が出る感じ)逃がした魚は大きいはその通り、姿を見てバラした方がショックが大きかったと思うし。良い経験になりました。陸っぱりと言えど、海へ向かって釣りをする限り、大鯛やワラサが来ても何の不思議も無い、
常に大物が来ても勝負出来る、システムを用意することが大事だと思いました。

2015年12月9日 糸魚川サーフ 風微風 波小

今日もイナダ狙いで行って来ました。結果、釣果0、今年はこのまま終わってしまうのか、年末あたりに回遊が有れば良いのですが、釣り人も少なくなって浜も寂しくなってきた。今日は保険を用意して於いたので、夕からアジ釣りを楽しんできました。20時頃には餌も終わり、クーラーボックスも満杯で納竿、最大27cmクラスがそこそこ、今時のアジは丸々肥えて刺身が最高。釣る楽しみは大きな魚が勝るが食べることでは引けを取らない。

画像

画像


2015年12月13日 ファミリー遊漁船

ファミリーも多忙で1ケ月振りの釣行、さすがに船で沖まで行けば釣れるようです。数釣り出来たようですが、サイズで絞って持ち帰ったとの事。我が家だけでは食べきれないので、知人に歳暮がわりにあげました。

ワラサ
画像


2015年12月14日 糸魚川サーフ

12時から20時まで、波はまずまずだが北風がありルアーは飛ばず糸ふけはおきるは、コンディションは良くないなかイナダ1匹。アジ釣りはMAX26cmいつもの場所ではなかったが小物ばかりで殆どリリース。

画像



2016年3月28日 私の海開きです。

季節も漸く春めいてきました。荒れていた新潟の海も穏やかな日が、やってきました。天気も良かったので市振までイカルアーで挨拶に行って来ました。周囲はカレーの投げ釣り、クロダイの浮きふかせ釣りなどされていた
釣り人が散見出来ました。イカルアーは以前に購入したまま使う機会が無いままで今回、初挑戦でした。ルアーの操作が未熟ではあるが、とりあえず釣ってみた。いまいち当たりが判らず、結果釣れた感じ・・・夜はまだ寒いPM10時で退散しました。釣果メバル カサゴ イカ

画像


2016年4月2日 ファミリーも初釣り

遊漁船での釣行で真鯛、ワラサなど持ち帰りました。ワラサ1匹、晩のおかずに置いていきました。

画像


2016年4月13日 糸魚川サーフ  青物、回遊

現地12時半頃からの釣行 しばらくしてイナダ2匹。その後50分後に3匹ヒット、この後全く反応が無くなり17時半納竿。最初の回遊はサゴシからと思っていたら、そうではなかった。毎度ながら海はは広く、魚の気分しだいです。それでも朝マズメ、に釣行すれば確率は良いでしょう。

画像

画像


2016年4月16日 柏崎  

ファミリーの釣果分け、尺メバル(35cm)、ホウボウなど。
画像


2016年4月20日 糸魚川サーフ

現地11時半頃から16時半までサゴシ4匹、イナダキープ8匹他リリース、前半はサゴシとイナダが交互に釣れる状態、後半はイナダばかり体高の無いものは大きくなって帰ってきてね・・・

画像


画像


2016年4月23日 糸魚川サーフ  朝マズメ、に行って来ました。

AM5時から釣り開始、コノシロ1匹、イナダ5匹で12時 風と波で釣りにならず撤収。マズメの時間帯の割には
ポッポッしか釣れずイマイチ。 コハダの寿司でも作ろうか?

画像


2016年4月26日 糸魚川サーフ

午後1時から5時まで投げてイナダ1匹、群馬県からの釣り人がサゴシを釣り上げるも不要との事で頂くことに
夜はアジ釣りMAX27cmサイズを19匹キープ。

画像


2016年5月2日 梶屋敷

現地には昼少し前に到着、朝出勤のアングラーは引き上げた様で気兼ね無く釣り始める、2匹釣った所で昼食タイム、午後は休み休みの釣りで夕方までに11匹キャッチ。1匹リリース、リリースを見ていたおじさんに次のイナダは下さいと言われ、おすそ分け、晩のおかずにと丁寧に挨拶されて、帰って行かれた。夕方からホタルイカ狙いの人達が集まって、若い男女の二人と釣り談義に花を咲かせる。18時からアジ釣り、2時間の地合いで27匹
MAX28cmとサイズもまずまず、大きなアジは針掛しても自分のパワーで口切れしてしまい、なかなか取り込む
に至らず。

画像

画像


2016年5月6日 新潟釣り紀行Vへ続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
新潟釣り紀行 2 信州たそがれおじさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる