人生は旅のようなもの、あなたも、いい旅してますか?

信州たそがれおじさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS いろどり号で行くスパリゾート・ハワイアンズの旅

<<   作成日時 : 2010/12/29 20:04   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010年12月5日、団体専用列車(いろどり号)で行くスパリゾート・ハワイアンズ2日間の旅に出る。いろどり号とはJRの団体旅行専用の客車で過ってはお座敷列車と呼ばれていたものをテーブル、ベンチシートやワイドシートに変更してあり、二人の参加はワイドシート、四人で参加だとコンパートメント室などに振り分けられた。列車は6両編成でカラオケが楽しめる車両、マッサージ機が置かれた車両などが有り自由に利用する事が出来る。目的の駅に到着するまで仲間と宴会やカラオケで盛り上がる人達、車窓の景色を眺めながら話に耽る人達、それぞれのスタイルで旅を楽しんでいた。もともとこの列車は時刻表に載っていない幽霊列車なので単線のスレチガイ待ちなどの時間調整以外に駅に停車する事は無い。

いろどり号とコンパートメント車両
画像

画像


いろどり号は定刻の午前7時に発車して2日間の旅が始まった。今回は姉妹、親子の四人旅、したがってコンパーメントの車両、さっそくテーブルには朝食の用意、窓の外の景色もまだ見なれた場所だが普段、自動車から見る景色とは違った感じで見える。列車は進み黒姫、妙高の山並、そして日本海へと変わって行く。昼食はツアー会社が用意した物で済ませる。

山や日本海そして昼食

画像
画像
画像
画像


昼食も済み12時20分いろどり号は終着、新潟県新津駅に着いた。駅には福島ナンバーのバスが待っていた、新潟まで回送してでも仕事なのでしょう。磐越道に乗り車窓に磐梯山を眺めガイドさんの話を聞くうちバスはスパリゾート・ハワイアンズに到着。

磐梯山
画像


ホテル
画像


案内された部屋は和室で、室内着は男性はアロハ、女性はムームーです,館内はこのスタイルでどこでもOKになっています。アロハに和室は流石に違和感がある、夕食まで時間があるので一風呂入る事に(入浴施設は複数有りホテル6階には24時間利用可能な大浴場、別館には洗い場は無いが三味線の音を聞きながら入れる(夜市)露天風呂他にも有る。食事は二食ともバイキング方式で自分の食べられるだけに出来るので私は好きです。最近思うにお膳で出される場合、味は別として量が多すぎて食傷気味になる
。昭和の人間は残すともったいないと思うのです。夕食の後は(例)のフラダンスショーを観ました。基本は自由席ですが開演より早く行って席を確保する必要があるので、有料の席を予約で確保しました。開演すると炎のバトンを巧みに操るファイヤー・ダンス、タヒチアン系の動きの早いフラダンスと迫力ある演技でした、以前フラガールの映画をみて感じは分かっていましたがダンサーの真剣さが伝わって感動しました。

ダンスショー
画像
画像
画像

画像


施設の印象は、もっと温泉熱を利用して冬の寒い間だは全館暖房になれば南国気分はアップする 部屋からお風呂やアトラクション会場に行く通路は寒いし羽織の様な物は用意されているがセンスが悪く、ダサいもう少し研究すれば・・などと思う。

二日目

スパリゾート・ハワイアンズを後にして、小名浜港で海産物の販売店により魚の干物など土産に買い、永崎海岸に寄りあぶくま洞(鍾乳洞)を見学しドライブインで昼食を摂り新津駅へ 色々な思い出と共にいろどり号で帰路に就く。

海産物産店

画像


画像


あぶくま洞

画像

画像


旅の余話
後日、フラガールのDVDを観直してみた、ソロで踊るシーンは映画のシーンを彷彿させ胸にこみ上げる熱いものを感じた私でした。観客(他人)を感動させるにはそれなりの苦労や努力を惜しんではいけない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 95
いろどり号で行くスパリゾート・ハワイアンズの旅 信州たそがれおじさんのブログ/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/09 13:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
いろどり号で行くスパリゾート・ハワイアンズの旅 信州たそがれおじさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる