人生は旅のようなもの、あなたも、いい旅してますか?

信州たそがれおじさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟 釣り紀行 1

<<   作成日時 : 2010/10/23 21:49   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年7月 糸魚川


画像
キジハタ アジ

2013年9月 糸魚川

画像
画像


2013年10月 糸魚川

タコ
画像


2013年11月 糸魚川

サゴシ カンパチ アジ

画像
画像
画像


イナダ
画像



2014年4月、5月 糸魚川サーフ

今年の釣りがスタートしました。この冬は積雪も多く春の訪れは遅い感じで大量の雪代で海水温が低めの様です、青物の回遊も昨年より遅くなっています。昨年の4月初めにはサゴシの回遊が有ったのですが、今年は小型のサバが大量につれます。今回はデイの釣果です。

画像


画像


ルアーにダブルで
画像


画像


2014年5月7日  糸魚川サーフ

今日は、現地4時間後半の2時間でイナダ12匹、アシストフックを付けているので二点掛けが4回内1回は波打ち際で1匹脱走、バイトはかなり有ったがサイズはイマイチ。 夜アジの回遊状況を確認26cmクラスが釣れた。

イナダ
画像
 

アジ
画像


2014年5月14日  糸魚川サーフ

天候薄曇、西風にラインが流され苦労する。何年釣りしても何時も天候や海の状態、釣り手の技量によって釣果は違って来る。今回は回遊位置が遠くまず遠投しないと魚は居ないキャスティングの技量が問われる私は下手なので何時も苦労してます。キャスト後いかにバイト、フッキングさせるかはロッドアクション、リトリーブなど色々なテクニックを持っていた方が釣果につながる。今日は前回の誘いが全く通用しなかった。私のレベルでは縦、横の変化くらいしか出来ない。引き出しの多い人は簡単に釣っているように見える。

DAYのイナダ
画像


夜のアジ サイズは25cm〜28cm
画像


2014年5月19日 糸魚川サーフ 梶屋敷

今日もDayの釣りです。シーバスも一応狙って行ったのですが、思いの外ウネリが有り支度も軽装でイナダ君と遊んだだけで撤収しました。この時期回遊は岸から遠くなっていると私は思います、他の釣り人も居ましたが飛距離がでないと釣果に至らないように見えました。春のイナダはカルパッチョやバターで焼いて食べてます。

46cm 800g
画像


2014年5月27日 糸魚川サーフ

今日も回遊魚に逢いに行ってきましたが全く反応なし、何となくそろそろ終盤でしょうか、ミノーを投げる日は近い
(フラットフィッシュ)それでも夜はサイズはダウンが始まっていますが30cmのアジが釣れました20cm位はリリース25cmサイズをキープ。

余話 私の入った釣り座には先客がいまして(ぶっこみ釣り)をしていましたが、釣り座を離れている間に釣竿ごと持っていかれました。掛かった魚は想像するしかありませんが大きかったのでしょう。ドラグの調整、竿の固定など対応は?油断したのでしょうか、釣りには授業料が掛かりますが、逃がした魚は大きい。

画像


ほたるイカの身投げ
画像


2014年6月1日 糸魚川サーフ

今回はキスの様子とヒラメに逢いたいと思い行ったのですがそろって撃沈、海面は時折トッピーが飛びのどかなものです、まだ海水温が低いのでしょうか、ヒラメはランガンした訳ではないので出会いのチャンスは当然少ない
。産卵期前の大アジもそろそろ終盤27〜29cm5匹20〜25cm40匹キープし知人に分けました。
刺身、タタキ、フライ、干物アジは便利な魚です。

画像
画像
画像


2014年7月15日 押上

梅雨の晴れ間久し振りに竿を振りに行って来た。今日はルアーで黒鯛とスズキさんのホームを訪問してきましたがお二人共不在で何回も呼び鈴をを押し(キャストし)ても反応なし 夕方、先着の釣り人からイソメを分けて頂き予定外のキス釣りからのスタートとなりました。18cm程と10cm程数匹釣れた、夜はダイワさんの(チヌ魂)に
ワームをセットしてチヌを狙うもキジハタ26cm1匹シーバスはルアーチェンジしががら頑張ったが撃沈、他のルアーマンも釣れた気配はなかった。

画像


2014年9月10日 能生

9月になり吹く風も涼やかになってきました。陸っぱりには夏は厳しいです。そろそろ秋の魚の情報も聞こえてきます、久し振りに竿持って潮風に吹かれに行ってきました。昼少し前から午後2時までカマスとアオリイカに御挨拶してみましたがイカさんの姿は見れずカマスさんは挨拶してくれましいたサイズは21〜24cmです。

画像


画像


2015年1月

天気が良かったので初キャストに行って来た。釣果は別として海に向かってキャスティング此処から空想と妄想の世界波の音を聞きながらリトリーブしていると波が心の中まで洗ってくれる様な気がして気分もリフレッシュされる。釣果はホウボウ1匹写真を撮るのも忘れて美味しく頂きました。昨年後半は思うように釣行出来ず次の年になってしまった。

2015年4月16日 市振

長岡などでサゴシの釣果情報が聞かれる様になったので、海に御挨拶がてら行ってみた。天気予報は前半西風が吹き波も高いとの事、PM三時頃の須沢海岸波風強く不可、ドライブがてら親不知の海岸散策、もう少し足を延ばして市振りまでいってみた。まだ風は強かったが立てる場所があるのでPM四時頃からキャスト開始何時もながらファーストキャストはリールを巻きながらバイトの瞬間を期待している、が、現実はそんなに甘くないもので
すね。キャストを続ける事30分夕マズメタイムか最初のヒット1匹目は慎重に取り込む、地合は1時間程で終り釣果はサゴシ6匹でサイズは最大52cmでした。しばらくはムニエル、カルパッチョ、フライ、etc

画像


画像


2015年4月24日 糸魚川サーフ コンデション 無風 凪

今回は朝マズメで行ってきました。海水は少々の濁りが有ったが問題は無し、天候は晴、無風 4時頃からキャスト開始、他の釣り人もポツポツヒットしてるがまだ反応無し5時を過ぎた頃から群れの回遊が有りそこここでロッドが曲がり始めた地合は1時間程で萎えた。7時まで様子をみて撤収。釣果はサゴシ9匹、イナダ1匹です。

画像


画像


2015年4月29日 糸魚川サーフ コンディション 無風 波0.5M

朝マズメ5時から9時半 今日はサゴシさんは不在でした。イナダは少し遠投しないと厳しい感じ。後半は濁りが入って納竿。それでもイナダ少々とヒラメゲット。

爆釣ジグ バナナ色
画像


画像


画像


215年5月1日 糸魚川サーフ

そろそろ春のデカアジが回遊する頃、とりあえず投げてみました。結果はまだサイズ、群れともイマイチ最大で25cmで釣れてくるのは10から15cm位が殆ど連発なしポツポツ釣れる状況、連休明け頃には期待できるかも(個人の感想です)。青物は場所と日によって釣果が違うようです。此れからはメジャーな場所は避けて意外な穴場も良し?魚より釣り人の方が多いなんて感じる場所は狭い釣り座に割り込んだり、お祭りしたり釣れればいいのか? 釣れても釣れなくても同じ釣り人で釣りが楽しくなくなるのは残念です。

釣果
画像


画像


2015年5月7日 糸魚川サーフ

アジの様子を探って来ました。前回より2cm伸びて最大27cmクラスが混ざるようになってきました。しかし豆アジも多く掛かりサイズで選別リリース。後はイナダで楽しみキャッチ12匹サゴシが1匹 アジとサゴシは美味しく食べれるが春のイナダは程々にしてヘラブナの様にキャッチ&リリース秋に油がのって帰って来るのを待つ事に、
とは言え今回イナダの干物に挑戦してみます。

画像


2015年5月11日  糸魚川サーフ  イナダ祭りだ ワッショイ

AM5時から8時までの釣行。波打ち際にはベイトが確認され良い雰囲気でスタート、一番竿を目指してファーストキャスト、ドキドキしながらリトリーブしかし空振り暫くして少し離れた人がヒットすると、連鎖反応の如くロッドが曲がり始める、私もそれに続きヒット、最初の魚は慎重に取り込む、最初にバラシをすると何となくいやな感じに陥るもので、数匹キャッチ後フッキングしたは良いけれど、ドラグは鳴くしなかなか寄らず一瞬脳裏をかすめるワラサの期待、結構の時間を要して姿が見えたのは胴体中央にスレ掛かりしたイナダでした。流石にイナダのスレは初めての事、それだけ回遊する群れが多い証とも言える。いたずらに腕の疲労だけが残った、一時の夢物語でした。イナダはコンスタントに釣れ続け、名人さんはキャストすればヒットそんな状態でした、ただ場所の為かサイズは(コゾクラ)、数釣りを楽しむ人は良かった事でしょう、私は殆どリリース、数匹大きめの物を持ち帰りました。過日糸魚川のサーフをランガンしてみました。地形、潮、時合、色々な条件が重なっての事でしょうが、イナダばかり釣れる場所、サゴシも混ざつてその比率も変わったりする、色々と勉強になりました。

スレ
画像


こんなサイズ
画像


ヒット
画像


2015年5月18日 糸魚川サーフ

アジ釣りがメインで前夜入るも、波も有り、潮が速く釣りづらく25cmが最大で11匹で退散。朝マズメでイナダを狙うも、祭りの後のなんとやら、それでも3匹キャッチ、イナダと呼べるサイズのバイトは、マエアタリでバレたと思ったら追食いしてジグを丸呑みされ(頭部、切開するはめになりました)。

ジグ丸呑み
画像


たたきで頂きました
画像


2015年5月23日 糸魚川サーフ

キスを釣るつもりで梶屋敷の方へ行ってみました。結果は釣果無し、今年、糸魚川の海岸は波打ち際が数メイトル程前進して浜が広くなっています。魚の釣れるポイントも変化しているのか?昨年と違和感を感じています。昨年、30cm近辺の大アジが釣れたポイントは今年は26cm止まりで釣れ方もイマイチすっきりしない。
イナダ、サゴシなどの青物もどこでも釣れる状況は過ぎた様でポイントによって釣れている、キス釣りの合間にルアーを投げたらサゴシが釣れたがそれだけ。
余談ではあるが昨今、カヤックを使った釣りをする人が多くなりました。岸からではなかなか釣れないワラサクラスなどそれなりの釣果が有るようです。海況に気を付けて安全な釣りを楽しんでほしいものです。

2015年5月28日

 新潟釣り紀行Uへ移動しました。よろしかったらパートUも愛読頂ければ幸いです。釣りを楽しみましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
新潟 釣り紀行 1 信州たそがれおじさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる